神経

反社会性人格

DNA メンタルヘルスはその人が持つ心の健康状態を示すものであり、様々ある精神障害を予防あるいは対策の目的に用いる言葉になり、代表的な疾患には鬱病や不安障害等を挙げる事が出来ますが、明確な原因がはっきりとしている疾患は少なく現在でも研究が続けられており、また先天的あるいは後天的に発症し有効な治療方法が確立されていないものもあり、日常生活では全く気付く事が出来ずまた関わると思わぬ辛い体験をしてしまうサイコパスと呼ばれる疾患があります。
サイコパスは、精神病質者の事を指し反社会的な人格の一つを表すもので、特徴としてある犯罪心理学者は幾つかの定義を発表しており、「良心の欠如」、「他人に冷淡であり共感性を持ち合わせない」、「顔色一つ変えず慢性的に嘘をつく」、「罪悪感や責任感が皆無」、「自己中心的であり自尊心が異常に強い」、「口が達つので外見は魅力的」等を挙げており、国内の法律上では保護の対象としているものの該当するかの判断も難しく、また、サイコパス診断の結果に基づいて判断が行われます。
サイコパス診断とは、現在では新たなマニュアルとして20項目が定められており、予め仮説を準備し質問項目等も決定し面殺時の会話の流れにより適宜質問内容等に変更を加える事で本人の自由な反応を診る半構造面接を行った上で約二から三時間程度かけて評定をしていく事になり、国内ではメンタルヘルスの不調による精神障害としての位置づけではなく、人格障害の一つとして取り扱われ概念が曖昧で確立されていなかった事で精神病質の一種として収容や不用意である脳外科手術を行う事もあり、人権侵害として問題となるケースもありました。
また発症の仕組みも明確ではなく、仮説ですがメンタルヘルスの不具合により起こる事とは考えられておらず、先天的な事が原因であると考えられ脳波等を図ると明らかに健常者とは異なる前頭葉の働きをしており、遺伝性の疾患としての意見があります。
または本人の性格の異常として診るのであれば、後天的に起こる外部環境や家庭叙情、心身の衰弱等を挙げる事もでき、サイコパス診断等の検査方法があるものの仕組みが分からない以上は治療も出来ず、また上記の特徴から危険な人格を持つという事が言えます。